モラトリアムよ永遠に・・・・・

都内の大学に通うモラトリアム人間の日常

ようやく物理数学の参考書を1周した話

プレミアム バンダイ

 

タイトル通り、物理数学の参考書を1周した。

よく言う「○○って問題集はn周したから模試の偏差値があがった」というやつに近いようで、大学生には模試のようなアウトプットというか可視化された機会が滅多にないため、ちょっと違うかなあ~といった印象。

一応、期末試験や院試という可視化できる?(中身はブラックボックスみたいな)機会はあるっちゃ~ある・・・・・

個人的には模試とかあってもらった方が勉強し甲斐があって嬉しいんだけど、いかんせん需要がないだろうから、ビジネスとして成立しないんだと思う。それに大学の勉強って今までの勉強と違って点取りゲーム要素も薄いし。

とは言っても、テストは点取りゲーム(過去問暗記ゲーム)になっていて、院試だって筆記問題を出題するわけで。模試くらいあってもいいのでは?

まあ、需要の面に関して、文系は院に進む傾向が理系よりなく、理系だって難関大と評される大学は進学率が高いが僕の在籍している大学は50%くらいだと思う。特にオリンピック前だから就職を選択する学生も多いようにも思える。

 

åå¼·ã®ã¤ã©ã¹ãããã¹ãåå¼·ã»ç·ã®å­ã

メッチャどうでも良いことを長々と書いていた。

純粋に勉強の備忘録を込めて書きたい。

 

 

物理数学の参考書は大学1年の時にAmazonでポチった。

微分方程式、ベクトル解析、複素関数フーリエ解析といった感じ。

確か大学1年でベクトル解析まで終わらせて、章末問題もベクトル解析まで解いていたはず。工学部じゃないから物理数学そのものの講義は用意されてなく、工学部などに受講しに行くのも億劫だったため独学で勉強。

電磁気の授業で初めてベクトル解析を習ったんだけど、あまりに大雑把な説明。力学で微分方程式には触れずに、振動系の授業で微分方程式が登場。

何だこのカリキュラムは・・・・・なんて思った記憶がある。

 

 

大学2年の時に少し複素関数をやった記憶があるにはあるんだけど、行き詰ってドロップアウトした気がした。留数定理あたりが全く理解できなかったw

ベクトル解析までは、高校時代に某進の苑田先生の授業で触りだけだが習い、意欲的に調べたりしていた過去があったから躓かなかったのだろう。苑田先生は神だったなあ~。某進は嫌いですw

実力に伴わないのに余計なことに手を出したから大学落ちたのがよくわかる。

 

 

そして3年の夏休み、この前の夏休みだ。複素関数にもう1度挑戦し、フーリエ解析も読み終えた。ただし演習問題はやっていなかった。

そのため春休みに入ってから演習問題に取り組み、ようやく今日終えた感じだ。

 

使っていたのはコレ

 

物理数学 (裳華房テキストシリーズ‐物理学)

物理数学 (裳華房テキストシリーズ‐物理学)

 

 

演習量は1冊だけでは少し不十分かな。

微積がわかっていれば大学1年生でもガンガン読み進めれると思う。ソースは数学苦手な僕。

演習問題も回路、生態数理モデルで有名なロジスティック方程式などの具体的なテーマ、仮面ライダービルドの話数でも使われたバーゼル問題なども掲載されている。

またカオスフラクタルといった発展的な内容もコラムにある。

 

大学の教科書や参考書って数はあるのに当たりが少ないと思っていたが、これは買ってよかった。

 

院試に向けて1周だけでなく、完璧に演習問題を解けるくらいになりたい。

 

 

 

note.mu