新約 とある魔術の禁書目録22巻 読了

プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ

 

 

次巻が出た時に前巻の内容をブログを見て思い出せるように感想を書きたい。

 

 

新約 とある魔術の禁書目録(22) (電撃文庫)

新約 とある魔術の禁書目録(22) (電撃文庫)

 

 

 

以下ネタバレ含む

 

 

前巻で「ローラはアレイスターの娘かと思わせておいて、実はそうではなかった」という展開にびっくりした覚えがある。

そして今回、その元凶であるコロンゾンとの決着がついた。

 

アニメを意識しているのか上条、一方通行、浜面の3人が主軸となっていたり、王室派などが登場している。

 

 

見ものだなと感じたのは、ネフテュスや娘々といった魔神VS一方通行、アレイスターの描写があったところ。

アレイスターは魔神たち相手に一度やりあっていたこともあったから、娘々1人なら負けないだろうと思っていた。

でも一方通行は、いくらクリファパズル545をつけていても勝てんのかな~と思った。勝負としては、一方通行がボロボロだけど勝利といった感じ。

そういえば禁書読んでいて、上条が敵対したやつらがどんどん弱体化されたりしていく印象が強かったが、魔神やアレイスターは強いままだった。(一方通行は準主役だからむしろ強化されている)

アニメ3期、旧約版のフィアンマだってモブキャラに成り下がってしまったかのは残念・・・・・

 

 

 

 

22巻終盤ではアレイスターが死んだようにも思われた。ところがコロンゾン本体が敗北し、残ったコロンゾンの器であるローラの肉体にアレイスターの意思が宿った。コロンゾンの意識もあるけど、アレイスターが完全に支配している感じ。

一応アレイスターはもう居ないことになり、一方通行が学園都市統括理事長になったわけで、今後どうなるのか、というかテッキリ22巻だし完結かと思っていたんだけど、どうなるんだろう・・・・・

 

またエイワスは、実はアンナ=シュプレンゲルという魔術結社「黄金」の設立に関係した人物という今後の敵っぽいやつに召喚されたみたいな事実が明らかになったり。

 

あと幻想殺しの力が抑えきれなくなったとか・・・・・

 

いよいよ物語の終盤感はあるのかな。

魔神も出てきたし、アレイスターやローラも明らかになったし、あとは記憶をなくす前の上条が何を知っていたのかとか、幻想殺しの核心について触れればだいぶスッキリすると思う。

 

 

そういえば、第6位についても謎のままだったなあ・・・・・

そこは超電磁砲か一方通行の方で明らかになったりするのだろうか。

食蜂さんだって、新約になってからスポットをまともに当てられるようになったけど、最初は超電磁砲だったような。

 

 

新約 とある魔術の禁書目録(22) リバース (電撃文庫)

新約 とある魔術の禁書目録(22) リバース (電撃文庫)

 

 

 

 

 

takmoratorium.hateblo.jp