「仮面ライダー龍騎 スピンオフ」 第1話見た

プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ

 

 

仮面ライダー龍騎スピンオフというよりジオウのスピンオフというべきなのか・・・・・

 

今日からauビデオパスにて配信となっていたので、auユーザーだったけど今まで利用したことのなかったビデオパスに登録して視聴。

ゴライダーはアマプラでレンタルしたんだったなあ・・・・・

 

 

本当はTTFCのシノビも見たいのだけど・・・・・

知り合いからネタバレしてもらうかも。

 

仮面ライダー龍騎 Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]

 

 

 

今日のジオウではディエンドが登場し、ディケイド同様にジオウのストーリーに関わってきている一方で、ブレイド編で懐かしのブレイドのロケ地が出てきたり、ブレイド最終回の最後とかで使われていた(確か?)畳演出からのOPだったり、ブレイドとカリスのバトルファイト再開等々ブレイド色にも染まっていて、ジオウ見終えてお腹いっぱいな状態だった。

 

しかし欲張りな性格なので(?)とりあえずジオウ見てからauビデオパスにスマホから登録しようとした。

だがしかし、システムエラーで登録できず。

しばらく経ってからアクセスを繰り返すも登録できず。

 

そんな感じで気づいたら時刻は16時になりかけていて、院試の過去問解いたりしながら時間を稼いでいたけど飽きたし、スマホの小さい画面で見るのも嫌だからパソコンからやってみたところうまくいった。

どうやら僕の場合auかんたん決済が制限されていたからアクセスできなかったみたい。

 

 

 

 

ってなわけで感想をザックリ書きたい。

ネタバレになりうるので注意!

 

 

 

 

冒頭は無料公開されている。

あの映像でもわかる通り、真司たちはミラーワールドに居る。

今回は日にちの制限のなか戦っているみたい。

「残り何日」みたいな表現がエピソードファイナルでの残りライダーのカウント数を彷彿させてゾクゾクしていた。

 

というか、確かミラーワールドに居すぎると変身状態でも消えちゃうはずなんだけど、何だこりゃ・・・・・という印象。(消えるエフェクトは健在。)

ジオウ本編でもソウゴが生身で居続けていたし、何だこりゃ・・・・・という印象。ソウゴの場合は「魔王だから」という「ディケイドだから」みたいな文言で納得できる気もする。

 

 

ちなみに龍騎のバトルロイヤルが繰り広げられているのと同時進行で、現実世界ではアナザー龍騎とソウゴ、ゲイツが交戦していた。

今日の放送で、海東から取り戻したウォッチの中に龍騎ライドウォッチがあったし、スピンオフの予告でディケイドライドウォッチと龍騎ライドウォッチを使っていたジオウが見られた感じ、今日放送の前の話になるんじゃなかろうか?

映画みたいにパラレルという可能性もある。

 

パラレルじゃないにしてもジオウの世界での龍騎の世界と解釈すれば、龍騎のミラーワールドのルールが通用しなくても理解できる。

だって士が吹き込んだ噂によって繋がったミラーワールドだからw

 

 

今作でのゲームマスター、神崎士郎ポジション(戦え戦えの人)の女性は現実世界では入院してるっぽい。

アナザー龍騎が、その彼女の恋人っぽい人。多分。少なくとも大事な人なんだろうなあ~。

まだ1話だから謎が多すぎるし「これ3話で収まるのかな?」ってくらい内容が濃くなりそう。

 

 

呼び出されたライダーたちは、嘗てデッキを使っていた人たちと思われる。新しく登場した人たちは、神崎がタイムベントでやり直しをしているなかで戦っていた人なのかもしれない。

ちなみにみんな記憶がない。(おっと、タイムベントの影響か?)

だけど浅倉だけ記憶がある。タチが悪すぎる気もするが戦いを望んでいた浅倉だからこそという意味では納得できる。

それ以外の人たちは若干記憶にあるような状態ではいる。真司が変身感覚が残っていたり、蓮が浅倉の名前を覚えていたとか。吾郎ちゃんが浅倉にご飯を振舞っていたのもそれ故だと思う。浅倉のことを先生と呼んだシーンはビックリした。わけがわからなかった。

記憶が中途半端に残っているせいで、尊敬していた北岡と北岡の天敵である浅倉という印象が強い人たちを混同してしまっているからかな~。

 

 

バトルに関してはカードの名前が少し細かくなったんじゃないのかな?と感じた。舞台挨拶でも脚本に技名が詳しく書かれていたみたいな話が上がっていたし、勘違いじゃないのかもしれない。

 

 

本編では真司を庇った手塚が裏切ったのは、普通だったら驚くだろうけど「裏切り」というワードが強調されていたこともあって、真司が属しているチームの誰かが裏切ると思っていたし、ストーリー的に一番手塚が裏切りそうな感じはしていた。(さらに手塚が裏切ってくれると期待している。)

 

結局、手塚の裏切りで真司たちは変身できずにガイに襲われてピンチに陥ったんだけど、そんな場を好んでかき乱してくれるイレギュラーが居るとすれば、「祭りの場所はここか」の浅倉しか居ないと予想出来て、見事当たったw

ただ浅倉はその場にいるライダー全員を倒す気で、手塚にデッキを奪われた真司にも襲い掛かってきてた。(浅倉らしいと言えば浅倉らしい)

絶体絶命の真司が助かるんだったらリュウガでも出てくるんかなと思ったら、蓮が登場して真司を助けた。その部分は予想ができなかったw龍騎本編とは真司と蓮の関係が違うのかな?

 

 

その蓮が真司を助けたところで第1話は終わった。

残り2話。謎が明らかになるのも楽しみだし、ソウゴたちが絡んでくるのも楽しみ。

そして予告映像で見たサバイブのカード3枚そろえたオーディンの登場も楽しみ。

 

主題歌は松本梨香さんの曲。(いまだにカラオケ行くと「Alive A life」歌っている。)

かつてのOPとは違う歌詞なんだけど、どことなく音楽が似ている不思議な感じ。

是非フルverで聴いてみたい。

 

 

 

 

takmoratorium.hateblo.jp